「音楽の明日を鳴らす~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代~」から見える音楽業界が本当に考えるべきこと

 

大変遅くなりましたが先日トライバルメディアハウスの高野修平さんから著書である「音楽の明日を鳴らす~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代~」を献本して頂きました。

 

明日の音楽を鳴らす~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネス~

 

書評というにはおこがましいのですが最後まで読んで、これからの音楽業界を考える上で大切なことが分かりやすく体系的に書かれており、肌感覚だけで感じていたようなことも理論的に理解できる内容だと感じました。そして音楽を日常の国にするという、高野さんの音楽に対する愛情や想いが伝わってきて、業界に身を置く人間として問題解決に取り組んでいかねばという刺激を受けました。音楽業界に携わる方々、アーティスト自身、音楽好きなユーザー、音楽だけでなくコンテンツビジネスに携わる方々など、多くの方に読んで頂きたい本です。「音楽の明日を鳴らす~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代~」は多くのメディア、ブロガーの方たちに紹介されているので細かい解説は省かせて頂きます。そして本書を読み終えて得られた僕なりの解釈を書かせて頂きます。

遅くなってしまい申し訳ないですm(__)m

 

 

これからの音楽業界が本当に考えるべきこと

 

それは一言でいうと顧客志向、ユーザーの視点に立ったビジネスをする必要があるということです。前々から感じていたことではありますがこの本を読んでより強く思うようになりました。音楽はやはり受け手の存在があってこそ成り立つものだと思います。特にビジネスとして考えるのならば今後ユーザーの視点に立つことは絶対に必要です。読み進めていく中で僕が重要だと思ったところをピックアップし本書からの引用を交えつつ、なぜユーザーの視点に立つことが大切なのか?を書いてみます。

 

 

【音楽業界の未来を考えるなら危機感を持つべき】

第1章の音楽ビジネスの「いままで」と「これから」では、業界を取り巻く環境が大きく変わり市場に大きな影響を与え、音楽の楽しみ方・価値観が変化していることが分かります。『フリー化していくコンテンツビジネス』の項にあるように価格だけでなく音楽を届ける方法も変化しどう対応すべきなのかが問われています。そして重要なのが『音楽は囲い込めない』の項にある以下の文章です。

 

 

本書から引用

 

 

コンテンツがフリー化していても違法ダウンロードは誤った音楽の消費の仕方でありもちろんすべきではありません。動画サイトはインターネットユーザーの過半数以上が利用するインフラのようなものです。YouTubeにない時点でその音楽はないに等しいと判断されるくらいニーズは変化しています。業界関係者から時々「フルで公開してしまったらその音楽は買ってもらえなくなる」という言葉を聞くことがあります。無料でフル配信したら本当に売れなくなるのか?逆にそうしなければ本当に買ってもらえるようになるのか?『音楽は「所有」から【共有】へ』にあるように、音楽を所有することではなく音楽を通じて一緒に盛り上がれること、共感できることに価値を感じるようになりました。だからこそYouTubeやニコニコ動画などの動画サイトの成長があります。このニーズの変化を無視してCDや音源を売りたいと思っても当然受け入れられはしません。ニーズに対応せず乖離した状態を続けていれば業界は縮小し続けます。また2010年からメジャーデビューするアーティストも大きく減少しています。利益を上げられなければ当然新たなアーティストへの投資も難しくなります。そんな状態が続きメジャーデビューしたいと思うアーティストも減ってきたらこれからの音楽業界はどうなるのでしょうか?業界の未来を考えるならもっと危機感を持ち問題解決に取り組む必要があります。

 

 

【フラットな立場でユーザーと向き合い、価値を伝える】

第2章のソーシャルメディア概論ではソーシャルメディアとは何か?ソーシャルメディアマーケティングとは何か?両者の違いを明確にした上で、情報化社会の現在では何を「目的」としその達成のためにユーザーとどうコミュニケーションを取るべきなのかを丁寧に解説されています。僕はここをしっかりと理解することが一番大切なのではないかと思います。製造業だけでなく音楽も良いモノを作れば売れる、メディアで露出すればするほど売れるという時代は終わりました。上から目線、一方的なコミュニケーションでは共感されないことは今の業界の状況を見れば明らかです。

 

本書ではソーシャルメディア、ソーシャルメディアマーケティングは以下のように定義されています。

 

 

  • ソーシャルメディアとは「生活者による生活者のための生活者の場」

 

 

  • ソーシャルメディアマーケティングは生活者が「主役の場」でアーティストやレコード会社などが「マーケティングさせて頂く場」

 

 

あくまでも生活者が主役でありオープンでフラット(平等)な場所です。そしてここには作法があり、これまでのマーケティングをそのまま行うべきではないと訴えられています。『生活者とのエンゲージメントを作るソーシャルメディア』の項の、公園でくつろぐ夫婦に対しいきなり営業を行うたこ焼き屋のシーンが良い例です。

 

またマーケティングとはなんでしょうか?一言でいえば「売れる仕組みを作る」、「人に対して購買決定・購買行動への刺激を創ること」です。色々なフレームワークがありますが重要なのは顧客のことを考えることです。以前ならメディアも情報量も限られており一方的に情報を発信しても受け取ってもらうことが可能でした。ですが情報化社会の現在では膨大な情報が溢れており共感される情報こそ価値があり信頼されます。逆にいえば共感されない情報に価値はないわけです。一番共感・信頼される情報とは友人・知人のクチコミです。そして人と人がつながりそのクチコミまでもが可視化されコミュニケーションのインフラとなっているのがソーシャルメディアです。そんな生活者が中心の場で「初めまして、俺、最高です!」のようなゴリゴリのプッシュ型のコミュニケーションが通じるわけはないですよね。

 

『生活者の生の声に耳を傾ける』の項にあるようにソーシャルメディアには生活者が感じたことをそのまま発信している生の声があります。時には辛辣な言葉を投げかけられることもあるかもしれない。けれどそこで情報を都合のいいようにコントロールしようとするのではなく、本書にあるようにどうソーシャルメディアに向き合っていくのかが大事です。傷つくような厳しい言葉には、いま何が問題になっているのか、問題の解決には何をすべきなのか、リアルの場でのクレームがそうであるように改善のためのヒントがあるかもしれません。ソーシャルメディアに向き合うことは顧客に向き合うことだと教えてくれています。本当にアーティスト・音楽の価値を伝えのなら、一方通行に言いたいことを言うのではなくオープンな姿勢で、上から目線ではなくフラットな立場でユーザーと同じ視点を持ってコミュニケーションを行わなければなりません。

 

 

【ユーザーが存在しなければブランドは作れない】

現在はユーザーのニーズに応え同じ視点でコミュニケーションができているとは言えない状況です。これからは音楽業界もWin-Winの関係を作ることが必要になります。コンテンツがフリー化してきているとは言っても、共感してくれたからそのコンテンツをシェア(共有)してもらえ、価値を感じたからファンになってもらえたから購入してもらえるはずです。ユーザーはただの消費者でなく「人間」であり様々な感情や欲求を持っています。結局は、「人対人」なのです。ただ良いものをつくればいい、とりあえず情報を流しておけばいいでは誰にも何も伝わらない。どうすればその音楽の良さ・価値を伝えることができるのか、それは3章以降の【共有】・【共感】・【共鳴】をテーマに書かれています。こちらを読んで頂ければその概念と仕組みを理解できると思います。

 

そもそも音楽の価値とはなんでしょうか?用途や利便性などが明確な製品とは違い、無形であり感情に訴え情緒的な価値を求められる音楽の価値を定義するのは難しいものがあります。主観的なことを言わせて頂ければ、音楽は自分たちを楽しませ興奮と感動を与えてくれるもの。そして寂しく辛いような時には癒し慰めてくれたり前へ進む力を与えてくれるもの。アーティストにとっては自分の想い・感じていることを伝えたり、聴く人に楽しんでもらいたいという欲求を満たすための自己表現・自己実現の手段なのかなと思います。そして共感によって両者がつながっていくのではないでしょうか。

 

だから楽曲のクオリティも当然大事ですが、この趣味趣向が多様化しそれに見合ったコンテンツが細分化し生まれ24時間を奪い合っている現在ではアーティストのブランドを作っていくことが極めて重要になります。どんな人格(パーソナリティー・キャラクター)を持ったアーティストがどんな価値観・想いを持って音楽を届けているのか、ユーザーに認知してもらい深く理解してもらう必要があります。結局「人対 人」なのですから、友人・知人からの情報が共感されるようにアーティスト自身がユーザーとそのような関係性を丁寧に作っていかなければなりません。ニッチ市場が増加しているコンテンツビジネスで収益化を考えるなら必須です。

 

本書では共感を生み出す『クワトログラフ』というフレームワークを紹介されています。クワトログラフは以下の4つのグラフから成り立っており、それぞれの切り口からつながりを生み補完し合い一貫性のあるストーリーを設計するためのフレームワークです。

 

クアトログラフ

大切なのはアーティストのどんなブランドを作りたいのか?そのためにこのクワトログラフを活用し、何を伝えたいのかを明確にすることです。そして誰にどう伝えどれだけ共感してもらえたら目的の達成になるのか考えなければいけません。その戦略として本書のテーマである【共有】・【共感】・【共鳴】のサイクルを創ることを高野さんは訴えられています。事例も豊富にありますので詳しくは是非本書を読んでみて下さい。

 

アーティストのブランドを作ることができれば、コラボレーション・拡張のしやすさという音楽の特性からビジネスの多角化の可能性も広がります。収益化、アーティストに対価を還元するためにはブランディングは絶対必要ですが、それもユーザーが存在するからこそ成り立つものだということ当たり前のことを忘れてはいけないですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか?高野さんの意図するところとは違う点もあるかとは思いますが、「音楽の明日を鳴らす~ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代~」を読んで改めて顧客志向、ユーザーの視点に立ってビジネスをすることの重要性を感じました。音楽業界は長らく変化のなかった業界です。業界の構造、慣習など独特のものもあると思います。ですが大切なのは変化に対応していくことですよね。音楽業界は今どのような状況に置かれどんな問題が存在しているのか、本質的な問題の解決として何をすべきなのか、本書から多くの刺激を受けました。僕もどんなビジネスモデルを構築すればアーティスト、ユーザー、そこに携わる人たちがハッピーになれるのかを考え、形にできるようにもっと取り組んで行こうと思います。

 

 

最後に

高野修平さんの2冊目の著書、正確には共著ですがソーシャル時代に音楽を”売る”7つの戦略“音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネスも発売されています。合わせて本日11/8(木)にイベントも行われるようなので興味のある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

『sensor ~ it&music community』powered by happydragon

Vol.5『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略〜“音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス』

ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略 “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス

 

itomasahiro

1980年生まれ。レコード会社にて営業・宣伝を担当。 縮小し続ける音楽業界と情報化社会の現在、変化してゆくコミュニケーションとライフスタイルから新たな音楽ビジネスを模索しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>